永瀬拓矢

「ポスト羽生」を目指し

先日おこなわれた王座戦に勝利し、見事叡王に続くタイトルを達成した永瀬拓矢二冠。まだ27歳という若さでの2冠獲得でもあり、混迷の続く「ポスト羽生」の最有力候補に飛び出した、と言ってもいいかもしれません。元々現行三段リーグ制度導入以降では、当時4番目の年少記録でのプロ入りを果たした期待の才能が、ここに来て完全に開花した感があります。

その名を知らしめた「電王戦FINAL」

永瀬二冠の名を世に広く知らしめたのが、あの「将棋電王戦FINAL」でした。多くの棋士が屈辱に甘んじたこの一連の大会の中で、彼は角不成という将棋AIのバグをつく手を繰り出し、勝つことに拘った棋譜を残したのです。その気概が後の叡王、そして今回の王座獲得に繋がったといってもあながち間違いではないと思います。